シンガポールオススメの公園を紹介!【散策編と感想】

前回はマウントフェーバーパークの駅からのアクセス方法と道案内を途中までしました。

前半はこちら↓

今回は引き続き、シンガポールの公園、

「Telok Blangah Hill Park」(テロック・ブランガー・ヒルパーク)

と、

「Lobradar Nature」(ラブラドール自然保護区)

の散策編を書いていこうと思います!

ぽこりん
ぽこりん

今回もたくさん写真を撮ったので画像付きでお話ししていきます!

スポンサーリンク

シンガポールオススメの公園を紹介!【散策編と感想】

ここまで来ると何やら今までと雰囲気が違い、立ち入り禁止区域の前に来ました。

車の通り道しかないので、車にきをつけつつ歩いています。

この辺りはお手洗いなどもないようです。

道路

テロック・ブランガー・ヒルパーク散策編

まずは「テロック・ブランカー・ヒルパーク」(Telok Blangah Hill Park)を散策したので書いてみます!

ここは散策やジョギングにぴったりの公園です。

下の画像は「ケントリッジパーク」(Kent Ridge Park)

「ハーバーフロント」(Habour Front)を結ぶために造られた橋になります。

2002年から2004年まで2年かかりましたが、完成しました。

金属で作られた橋で、距離は1.3キロになります。

(所要時間は20分程度になります)

公園の広さは34ヘクタールくらいで、東京ドーム約7.2個分ほどになります。

敷地は広いのですが、橋の距離はさほどないのでサクサク歩けます。

実は結構高さもあって下が透けて見えるので、冒険気分で子供も楽しめるのではないかと思います。

くねくねと道なりに歩きます。

木々と橋

見た感じがジャングルのようですが、

写真よりも実際行くととても見晴らしのいい場所です。

工事している人を見つけました。

木々と工事中の人

高い所怖くないのかしらと思いながら撮りました。

不思議な木の形なので、撮ってみました。

木々

しばらくはこのような感じの景色が続きます。木の種類も様々です。

この道では人と結構すれ違いました。マスクしている人としてない人半々でした。

生い茂る木と通路

運動をしていると外してもいいのですが、歩いている時ってどうなんだろうと気になります。

(自分は怖いのでマスクして万全対策して行きました)

赤い服のボランティアの人達がちゃんと規則を守っているか見回りに来るので気をつけつつ歩いています。

秋っぽい(?)かなと思い撮ってみました。

木々

葉っぱの色味がところどころ赤いのが珍しいと思いました。

ラブラドール自然保護区散策編

看板

MRTの駅「ラブラドールパーク」(Labrador Park)という駅から徒歩15分程で、海が見える公園に行けます。

Lobradar Nature Reserveという公園です。

日本語では「ラブラドール自然保護区」となり、

ローカルだと「ラブラドールパーク」と呼ばれています。

引き続き、歩くことにしたのでここから新たに出発します。

歩くこと5分、既に足が疲れています。

結構歩いたなぁ。と思いながらひたすら歩きます。

自転車で走っているグループと数回すれ違いました。

最近は自転車に乗っている人をよく見かけます。

ここである看板が見えました。

道路と木

「VILLA SAMADHI」というホテルのようです。

Luxury Boutique Hotel Singapore | Romantic Colonial Residence | Villa Samadhi Singapore
A 20-room boutique colonial hotel that exudes old Malayan Charm, stay in a romantic residence near sentosa island. Book direct for the best rates guaranteed.

休日にのんびり家族やお友達と過ごすのもいいのではないかと思います。

(お風呂付のお部屋があるようです)

近くの海を散策しながら日常を忘れられそうです。

私は近道をしたかったのですが、友人は遠回りの道を選択。

歩く気満々です。

さあ気を取り直して歩くことにしました。

看板マップ

道なりに進むといずれ海に出るようです。階段もなく一直線に進みます。

並木道

この辺りは昔イギリス軍の胸壁だったようです。

人通りも少ないので少し寂し気な雰囲気が漂います。

散策する前にしらべておけばよかったなぁと思いました。

シンガポールには奥深い歴史があるのでとても興味深いです。

横にももう一つ看板があり説明文がありました。

やっと海にたどり着きました!

もうクタクタなので一休みしたい気分でした。

何故か分からないのですが、公園に鶏があちらこちらにいました。

タクシーの運転手さんのお話曰く、業者が大量の鶏を放ったと言っていて、

餌とかどうするのだろうと思いました。

芝生の上の鳩

太陽がとてもまぶしくて、海の潮風が気持ちよかったです。

マウントフェーバーパークから見えた港とは違った雰囲気です。

夕陽と水面
ひよこま
ひよこま

すごくキレイな景色だね〜!!

端まで行きたかったのですが、すでに6キロくらい歩いていたので

私が根をあげ夕食を近くでとり自宅へ帰る事にしました。

友人は来た道を往復したいと話していて、なんて元気なんだろうと思いました。

並木道

ここで一休みしていました。

実はこの場所は初めて来たのでとても新鮮でした。

シンガポールは狭いけどまだまだ行ったことがない場所を行きたいと思います。

しかし人がとても多いです。

次回は端から端まで散策したいと思います。

近くにバーベキューが出来る場所がありました。

今はコロナの影響で使用できませんが、また日常にもどるといいなと思いました。

ベンチ

近くに住んでいたら、ベンチで読書したりランニングをしたり、

友人の飼っている犬と一緒に散歩したら楽しいだろうなと夢を膨らませていました。

ひよこま
ひよこま

この辺りの場所が特に良い雰囲気だね〜!素敵だ…

木と空

家族連れで子供が多く遊んでいました。ここも人が多いです。

遊具

最後にと徒歩15分くらいかけて「HarbourFront」駅付近まで行き、

マレーシア料理のレストランにいきました。

辛いのは苦手なのですが、お手頃で美味しかったです。

家庭料理のようなイメージがしました。

食事風景

感想

今回は1日で何か所か公園を回れて満足しました。

結局合計で8キロ歩くことができました。

徐々に歩ける距離を増やしていくのが目標です。

次回は端まで行けたら新たな発見も出来るのかなと思います。

ひよこま
ひよこま

私もいつか行きたいな〜!のんびりベンチに座ってリフレッシュしたい…

この散策は9月の第2週に行きましたので、まだ規制が緩んでいる時でした。

現在(9月末)は規制が変わり、レストランでの飲食は5人参加から2人に変わりました。

1日に感染者が2,000人を超えた日もありましたので、外に出かける時は対策をばっちりにして外に出るようにしています。

まとめ

今回はシンガポールの二つの公園についてまとめてみました!

  • ①テロック・ブランガー・ヒルパーク散策編
  • ②ラブラドール自然保護区散策編
  • ③感想

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました